スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お遣いの果てに

2011.12.25 *Sun
久しぶりに降り立ったら、自分の居場所は見失っているわ、
お家のカギは取り上げられているわでもう冒険どころではありません。

場所によってはmapを右クリックで広域に拡大できないんですね~不便。本当に自分がどこにいるのか分かりませんでしたよ

気を取り直して。

Lorienに出る前に、Moria下層の水エリアだけはお仕事していこう!と思い立ったのですが、
ドワーフさんのひと使い。。。ならぬエルフ使いの荒いこと。
いったりきたりいったりきたり、もう私バターになってしまいそうなほどグルグルしました。
泳いで泳いで、カエルカエルカエル、たまにエリマキトカゲ、みたいなローテーション。
水のあるところは嫌いではありませんけど、しばらく水泳は遠慮したいです。

そして
スポンサーサイト
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : ☆の旅

災いの気配

2011.11.20 *Sun
さびし野を駆けてオスト=グルスに至りました。
道中、東街道で何度もオークやら大蜘蛛やらワーグやらに遭遇しました。
その名のとおり、すっかり草に覆われてしまってどこが道やら分からなくなる緑道とは違い、
それなりに人や馬の往来がある、石畳がきちんと見えている街道なのに物騒な。

危険以上に、東から来るものの眷属が我が物顔でのし歩いているのが癪に障ります。

ことにオークは嫌いです。半分だろうと100%だろうと断固として許すまじ。
降りかかる火の粉は払うし襲われている人がいれば助けます。

しかし、柊郷に於いてのように、半オークを1体たりと残さず殲滅したい衝動にかられることは・・・ありません。


ScreenShot00324_cuts-.jpg


別に流浪の不死族を気取って「人の子の事どもには関心なし」などと言うつもりはないのですけど。
・・・・いえ、もしかしたら、すこしはあるのかもしれません。



COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 日記

ほっとひといき

2011.10.02 *Sun
リニューアル中つ国では、今まで何の感慨もなく通り過ぎていたブリー近郊さえ新鮮です。
つい小川のせせらぎにひきよせられ、
とうとう装備を放りだしてひと休み。
弓もごつい武器もはずし、
グラブも靴もぽいっ。

ScreenShot00319_cuts-.jpg

・・・服は着てますよ。一応往来ですしね(笑)
あ、それから護身用の短剣も。

近頃はこのあたりも妙なごろつきがうろうろしていて油断なりません。
そんなやつらに遅れはとる気はさらさらありませんが得物なしでは無用心です。


DX11のAMBIENT OCCULUSIONにチェックを入れると劇画調ばりに影が入り、顔のグラフィックがなどが酷くなるという
難点が改善されたようですね。UDで変更あったのかしら?
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : ☆の旅

何度降り立っても

2011.08.21 *Sun
エルフの目が効く様になりました(=PCリニューアル)

三度目からうろこの中つ国の風景にただただ見とれるばかり。

ScreenShot00306_cut.jpg

畏怖を抱く荘厳だけど荒涼たるトーリンの館を取り巻く風景。
訪れる度に感慨は覚えるけれど懐かしさはない。あくまでも出立の地、エレド・ルインの北。


<br />ScreenShot00303_cut.jpg

対してどれだけ佇んでいても見飽きることのない眺め。
滝が雲が流れる様が静止画ではわからないのが残念・・・いえ、それは自分でその場に立って見ないければ。
懐かしの地。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : ☆の旅

アルダの魅力、の筈が・・・

2011.04.23 *Sat
別所、というか本家本元徒然つぶやきを転載





何もないところから天啓を受けとれるタイプではないので、
日ごろから人様のレビューとか解説、所見などに出会うことで、
自分の中にあったもやもやが押されてところてんの様に形になって出てきたりします。
ありがたや。

といってもそれなりの分量の文章にするのはどうにも骨が折れるので、リハビリ的についったーで
つぶやいてみたりとか。
140字の制限は厳しいけど「刹那」と「文字制限」が
「所詮は泡のように消えるつぶやきさ」
一種の逃げ道を残した気楽さにつながっているのに助けられてぶつぶつしてます。

某方の
「"指輪物語"ひいては中つ国世界に(正確にはArda全体かも)女性ファンが多いのはどうしてなのか?」
というお題めいたものにコロり、と転がり出たものをメモ。


指輪物語の肝は(自分的に)ヒーローでないヒーロー。ドゥネダインやエルフやヴァラにはとてもシンクロできませんが、「こんな暗くて寒くて汚い、怖い処いやだ、家に帰ってお腹いっぱいたべてお茶飲んでぬくぬくしたい」という気持ちが分かりすぎる。それだけに辛すぎて楽しみきれない場面も多々


(エルフの儚さ美しさに失われたもの、廃れ行くもののたそがれの美を感じるがゆえに女性が惹かれやすいのではないか、というお説からつながりで)

エルフって儚いのか~私は品行方正美人優等生イメージだったエルフが、シルマリルで我と執着と萌(だけ、ともいう)を剥き出しで好き勝手に生きている、食虫花のような姿に目からウロコぼろぼろ。その瞬間に脳髄にガツっときたのかも。エルフ萌属性は皆無ですが(真のエルフ萌族のパワーときたら、もう

lotroでエルフキャラをやっていても、それは自分に近しいからではなくむしろ他の種族にシンクロしづらい故の消去法なので。もともとガッツリエルフに入れ込んでらっしゃる方々を実際に目の当たりにしているので、とてもとてもエルフ萌えなんておこがましくって(笑)


エルフがお好きな方には「食虫花」はあんまりな表現だな・・でもこの「原始」な姿を見て初めてエルフにちょこっと親近感を覚えたんですけどね。ぶっちゃけ「指輪」のエルフはパワーが足りな(ガラズリムの念でなんだkaタイピin★・・・)

上古のエルフに耽美的に浸って楽しい方もあると思う。でも女子がみなそうというわけでもなく。個人的には「ダマール」のあとがきでのマッキンリー女史のお説にクスッとした。束教授が自作に「必要最低限の女性要素」を苦手意識と義務感で嫌々書いていたから、かどうかはともかくとして。

COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 日記

プロフィール

mondkaninchen

Author:mondkaninchen
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

☆の旅 (9)
憑き物旅日記 (1)
着ぐるみぬいで (2)
未分類 (6)
日記 (14)
そらの記録 (19)
着ぐるみ脱いだ小さい星の日記 (3)



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © Der Wind aus Westen All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  (素材:ふるるか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。